B19 従属接続詞 kiam

La familio Tanaka transloĝiĝis al Tokio, kiam Miho estis dek-jara.
みほが十歳の時に田中家は東京へ引越しました。


音声読み上げ

kiam は疑問詞の他に、主文に時や場合に関する説明文(kiam で始まる従属文)を加える使いかたがあります。
【主 文】 La familio Tanaka transloĝiĝis al Tokio.
 田中家は東京へ引越しました。
【説明文】 Miho estis dek-jara.
 みほは十歳でした。
La familio Tanaka transloĝiĝis al Tokio, kiam Miho estis dek-jara.
\~~~~~~~主文~~~~~~~~/ \~~~ 従属文 ~~~/
 みほが十歳の時に田中家は東京へ引越しました。

【主 文】 Masato eklernis Esperanton.
 まさとはエスペラントを学び始めました。
【説明文】 Masato estis universitata studento.
 まさとは大学生でした。
Masato eklernis Esperanton, kiam li estis universitata studento.
\~~~~~主文~~~~~/ \~~~~~ 従属文 ~~~~~/
 まさとは大学生の時にエスペラントを学び始めました。
(注:従属文の主語を Masato から li に書き換えています。)

Onĉjo diras kiam で始まる文が文の最初にくる場合もあります。
Kiam Miho estis dek-jara, la familio Tanaka transloĝiĝis al Tokio.

transloĝiĝi 引越しする/ dek-jara 十歳の/ eklerni 学び始める/ universitata 大学の/ novaĵo ニュース、知らせ/ naskiĝi 生まれる/ tridek-jara 三十歳の/ interkonatiĝi (互いに)知り合いになる/ ĝoji 喜んでいる/ ekĝoji 喜ぶ/ Hanojo ハノイ


練習問題

日本語に合うよう二つの文を一文に書き換えましょう。

(例)彼の成功の知らせを聞いた時にのり子は喜んだ。
[主 文] Noriko ekĝojis.
[説明文] Noriko aŭdis novaĵon de lia sukceso.
Noriko ekĝojis, kiam ŝi aŭdis novaĵon de lia sukceso.

(1) ハノイで世界大会があった時に私たちは知り合った。
[主 文] Ni interkonatiĝis.
[説明文] Okazis la Universala Kongreso en Hanojo.
_____________________________________________________________

(2) 若かった時にまさとはもっと速く走ることができた。 
[主 文] Masato povis kuri pli rapide.
[説明文] Masato estis juna.
_____________________________________________________________

(3) 母親が30歳だった時にみほは横浜で生まれた。 
[主 文] Miho naskiĝis en Jokohamo.
[説明文] La patrino de Miho estis tridek-jara.
_____________________________________________________________


・印刷用PDF → Leciono B19 従属接続詞 kiamicon_1r_32

・練習問題テキスト → B19-練習問題練習問題テキスト
・解答PDF → B19解答解答PDF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です